FC2ブログ
--/--/--(--)
『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
2008/02/22(金)
『ファントム 大沢たかお いいじゃん!!』
200802221305000.jpg
昨夜青山劇場で「ファントム」をみた。
初めて一番端っこの席でみたけど、
苦しい・・・。舞台右側がまるで見えない。
これでS席かい!?

数年前初めて劇団四季の「オペラ座の怪人」をみて
震えるくらい感動し、(観劇経験も少なかった)
その後原作も買って読み、
サラブライトマンが歌うCDも取り寄せ
原語の歌にまた感動し
特にファントムの切なさと怒りの混じったセクシーボイスに魅了され、
すっかり怪人ファンになった私。
その後一人でもう一度見に行った。

最近では映画を見て
違うだろう、ファントム!
あごが割れてるバタ臭いカオも
ねっとり声も、何か違う・・と思った私。
でも映画自体はすごく良くて
DVDも買っちゃった。

そして今回。
笑わせてくれるよ。クリスティーヌ。
学芸会じゃないんだから、
これ以上は言わないが、金返せって気分だった。

訳詩もへん!
ファントムが自分のこと「ボク」っていうかい?
ボクじゃないだろう・・
幼児性を出したかったのかも知れないけど
入り込めないよ。ファントムの世界に。
せっかく大沢たかおが素晴らしく演じているのに。

舞台装置もいまいち。
オーケストラがぜんぜん見えないのもがっかり。
妙な間の悪さも気になった。

それにしてもミュージカルは歌だよ。
歌自体に心が引くつけられなくては魅力も半減。
オペラ歌手とまでは行かないが
せめて安心して聞きほれるくらいの訓練された歌い手であって欲しい。

でも、以上のことを全部ひっくるめても
いやあ、良かった。泣いちゃった。

特にクリスティーヌが出てこない
父とファントムの終盤のシーン。
「知っていたよ」と歌うファントム・・
涙じわじわでありました。

大沢たかおはせりふも聞きやすく
仮面をつけて表情が分からないはずなのに
さすがだなあと思わせる表現力。

ラストシーンで仮面を外した美しい顔に
ライトがあたって、まるで母の愛の光に包まれて
微笑む喜びが見えて
この演出だけはいいなあ、と思った。

大沢たかおのファンでもなんでもなかったが
さすがにカーテンコールで仮面をつけずに
王子様ファッションで長い髪をなびかせて登場したのを眼にしたとき
クールな私も友人とカオを見合わせて
「カッコイイ・・・・」と思わずつぶやいてしまいました。

金、返さなくていいよん!
スポンサーサイト
2008/02/07(木)
『堂島ロール』
dojima-roll2.jpg
KIDSを鑑賞するのにチネチッタにはじめて行ったのに続き
昨日は友人に連れられ、「川崎ラゾーナ」初体験。
川崎!イメージ違ってきたなあ。

前回のららぽーとには規模的にも楽しさでも
私的には劣るけど
十分楽しめる感じだった。

ラゾーナを庭のように使いこなす友人の案内で
まず「 ブレッツカフェ® クレープリー 」で(http://www.le-bretagne.com/index.html)
ガレット(そば粉のクレープ)でランチ。
グリーンピースのスープにデザートは塩バターキャラメルのクレープで
美味美味。
実は体調最悪、偏頭痛に吐き気に寒気だったのに
いつものヤク3種をごくりと飲み込み
完食した。
ここは神楽坂に行ったときにチャレンジしたけど
待ち客が多くてあきらめたところ。
いやあ、満足でした。

そしてエリア内をうろうろした後
またまたスイーツをもとめて1Fへ。
友人いわく、常に大行列で買うのに大変、といわれる
堂島ロールの店を紹介してもらう。
「モンシュシュ」というお店。
カフェなら、並ばずに食べれるということで店内へ直行。
美味しい!クリームが淡くてミルクっぽい。
生クリームフェチのパパさんに食べさせたくて
並んじゃった。
基本的に食べ物ごときで行列なんて嫌いなんだけどね。
昨日は友人も一緒だったし、だべってたらすぐに順番きたしね。
ということで、
みぞれの降る中急いで帰り
夜、出張帰りのパパさんと塾から帰ってきた次男坊と
ティータイム。
ふたりとも「うまいうまい」を連発。
並んでよかったぜい。
2008/02/05(火)
『はなもげらの季節』
鼻が片道通行・・
もう、きたのかい?
花粉の季節。

いやだなあ。

そういえば、駅への道に
梅の花が咲いていた。

春の来るのが怖いなんて。

つらい。

鼻が詰まるのは苦しい。

もっと酸素を!

2008/02/03(日)
『KIDS 自己犠牲』
index.jpg
昨日、KIDSを10時25分開始で見てきた。
土曜日の朝一だからか
客席はまばら。

実はスウィにートッドとちがって
自分が見たい映画ではなかった。
つきあいで、まあ、いいかって感じで。

ところが以外に良かった。
超能力を持つ少年が人の傷を引き受けていくという
ありえない展開なんだけど
そのいわゆる純粋な慈愛。自己犠牲。
仏教の話の中に、
飢えるものたちに、自らを食べてくださいと
焚き火に飛び込んだウサギの話があったような
(手塚治虫の漫画で読んだような・・)そんな献身。

現実にはありえないと思いながらも
実は母親なら共感できる部分があるかも。

私自身も子供が小さいとき、
病気でも怪我でも、自分が代わってやりたいと思ったことが確かにある。
子供が苦しむくらいなら自分が代わってやりたいと。

そんなことをちらりと思った。
小池てっぺい君だっけ、そんな純な雰囲気がでてた。
そして、良かったのは鹿男!
いや、玉木さん。
すさんだ街にすさんだ目で登場してから
ラストシーンの柔らかなまなざしまで
さすが役者だなあ、と感心。

ストーリーは奇抜で面白いのだけど
ウエッティな音楽は邪魔だな。
泣かせの効果音なんていらないぞ。
ブログランキング・にほんブログ村へ
2008/01/31(木)
『スゥイニートッドと八戸の少年』
icon01.gif
スイニートッドを見た。
抑えた色調に血の赤がおどろどろしい・・
はずなのに、
以外に美しいと感じてしまう。
オープニングのタイトルバックがいい。
赤い血がとろとろと蛇のようにチョコレートのように
流れていってストーリーを暗示する。

しかし、ラストシーンは泣けたぞ。
(いや、ほんとに泣いたわけではないけど)
そうきたか。

この映画を見た昨日、
八戸の母親と姉弟を殺した少年のストーリーをテレビで見た。
悲惨の一言。
なんで、とーちゃん、逮捕されんのよ。
しかも3回も!
なんでかーちゃん、男連れ込むのよ、酒飲むのよ、
息子いやがってんのに、

人間平等だって言うけど
与えられた条件は圧倒的に不平等だ。

スイニートッドと八戸の少年。
大罪を犯したことは問答無用に許されないことだけど
理不尽な運命をズタズタに切り裂くしかないと、いきついた
その心理に少しは同情できる。

それにしても人肉パイには参った。
当分ミンチを使用した商品は食べられないなあ、と思った矢先
今度は中国冷凍餃子の怪!!!
アイタタタ!買ってるぞ。
生協信奉者だもん、私。また裏切られちゃった?
味の素のカルビチャーハンもレパートリだよ。
いやはやイヤハヤ
恐ろしくリンクするなあ、現実と。

あーあ。理不尽なことが多すぎるぞ。
にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へにほんブログ村 子育てブログ 高校生以上の子へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。