FC2ブログ
--/--/--(--)
『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
2007/11/14(水)
『鏡の中のカリギュラ』
昨夜、小栗旬君主演で話題のカリギュラ観て来ました。
幸運な友人のおかげで最前列センターで!
芝居は台詞だ、と思っていたけど
間近で観ると、表情がみなさんすごいね。
一人ひとりの表情が、視線をそらしたくないような思いがするくらい
魅力がある。主役も周りの人も。
カリギュラの狂気の眼なんて、まるで歌舞伎の見得を切る時の寄り眼を
思い起こさせるイッチャッテイル眼で、
一瞬のはかなげな切なさをやどる眼からの狂気への変貌がすごかった。
舞台装置も良くて、背景が全面角度のある鏡張り。
鏡に囲まれて、演じられる姿を
まるで、飼育箱の中でがさがさと動き回るこおろぎやみどりがめでも
のぞいている、
言ってみれば、人間界を覗き込んでいる神になったようなポジションで
舞台を見ている自分。
でも、やがて鏡に映りこむ観客の中に自分の姿を発見して
妙な感覚になる。
そんなことはおいておいても、かがみの舞台っていいな。
万華鏡のように役者が演じている姿を色々な角度で見ることができる。

ストーリーはなんせ、カミユだもん。不条理だもん。
理解しようとする方が疲れる。
台詞も難しい。
若い頃20前かな?カミユやサルトルやボーボワールを読んでるとかっこいい、
と思っていた時代に、一生懸命に読んだこともあるけど(ほんの数冊)・・
つきつめて考えなくなったということが年をとったってことかな?
数日前に観た「転々」読んだ原作の中にあった
「行雲流水」。こちらの方により共感を覚える。
生きることをつきつめて考えすぎることを理解はできたとしても
共感はできなくなっている自分に気がつくな。

勝地シピオンが自分の中にカリギュラと同じものがある、といった言葉。
誰の中にも「狂気」は潜んでいて
それを眠らせるのが無知で抑えるのが「知性」と「知恵」
知性も知恵も持たぬばか者が
小栗カリギュラを観て
美しい狂気に共振しちゃって、ばかなことをしでかしませんように。
今の世の中、自分の狂気を抑えきれない愚か者が出没しているから・・ちょっと心配。
このお芝居は30歳以上限定で許可だな。

だって、あまりに小栗カリギュラ美しいもの。
ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 子育てブログ 高校生以上の子へ
スポンサーサイト
はな子
我が家の2号君 絶対! 絶対! うらやましいと思う。
すごく ”小栗ファン” だから!
都心近辺在住はいいよねぇ~。。。
話題の(旬な)いろいろなお芝居等々が観ることが出来るでしょ。
うらやましい限りですよ。。。
2007/11/14(水) 16:03:12 | URL | [ 編集]
マダム金魚
確かにね。私も10年近く前に仙台から引っ越してきた時に実感です。
小栗君ファンなのね、2号君!いい趣味してるぞ。
実はこんなに有名になるまえに、さんまさんの「joker」ってお芝居にちょこっと出てて、私みちゃったんだよね。ほぼ全裸で葉っぱだか何かで前をちょこっと隠すだけの小栗君!今にしてみれば彼だったのよね。
いい、役者根性してるぜ。
2007/11/15(木) 16:20:25 | URL | [ 編集]












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。