FC2ブログ
--/--/--(--)
『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
2007/12/17(月)
『お宝の山・・・なんだけど』
いまや無人状態が続いていた夫の親のマンションを
ついに売り渡すことになった。
築25年の古いマンションとはいえ、
買い手希望がが結構でて、
東京駅東西線で20分という立地は、やはりいい条件なんだな。

さてさて、そうなると私たちは大慌て。
何しろ4年前に母がホームに入居したときのままの状態なのだ。
家財道具も調味料もぐちゃぐちゃ。

19日に業者にたのんですべて空っぽにしてもらう予定だけど
それまでに捨てたくないものを拾い出しておかなくては。

ということで、この土曜日にふたりで宝探しに出かける・
母の希望の品リストを持って。
しかし、あれもこれもと思っても
狭い我が家に持ち込む場所はない!
年寄りの住居にありがちに、
母の部屋も、未使用の贈答品の箱が山と積んである。
布団や食器やかびんや。

何だか高価そうな屋久杉樹齢1000年の茶たくとか
備前焼の壷とか
巨大なこけしや熊や馬やもろもろの彫り物。
まったく、どうしたもんだか・・

家電製品だけは生活倉庫が引き取ってくれることになった。
本は今日夫がブックオフに問い合わせるといってた。
でも、昭和31年物の夏目漱石全集なんて、売れないかなあ・・

でも、だんだん疲れてきて
もういいや、全部捨てちゃえ!って気になる。

そしてつくづく考えた。
人が暮らすのに必要なものなんてごく少ない。
質素・簡素が一番。
これから私も年をとっていくけど
どんどん無駄を省いていこう。
息子達を悩ませないためにも。
スポンサーサイト












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。