FC2ブログ
--/--/--(--)
『スポンサーサイト』
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)
2008/01/25(金)
『どろろで 「キル」』
0125.jpg
テレビ放映の「どろろ」を録画していたものを見た。
映画館で見てきた次男坊には
「つまらんよ」とひとことで評された映画。

母は楽しんだ!
基本的に若い男子のポニーテールの浪人姿に
弱いのだ。決定的に。
妻夫木君は、もうその姿だけでOKであります。
(何がじゃ?)

ストーリーも
化け物も
空中アクションも楽しめたぞ。

最後の柴崎どろろと百鬼丸の
ちょっぴりせつない恋?にも
胸キュンでした。

柴崎コウは巧いなあ。
とにかくもう一度見たい映画じゃ。


そして先週NODA・MAPの「キル」を見てきた。
評判の高い芝居だけど
私は「ロープ」の方が好きだったな。

前半、信じられないことにちょびっと寝てしまった。
私には「罪と罰」で最前列、松たかこを目前に
寝てしまったという前歴がある・・
もちろん瞬間の意識ぶっとびですが・・。

何しろ前夜ほとんど寝てなかったので許しておくれってかんじ。

それでも後半
野田さんがテムジンの息子のバンリで舞台上にとびはねはじめてからは
まったく目が冴えわたり、舞台に釘付けになった。
すごいなあ。

NODAさんたちの稽古は体を動かすことを重視している、と
聞いたようなことがあるけど
確かに体をばねのように弾む感じに動かしている。
いや、普通に動いているんだけど
動きが弾力がある?
もちろん開脚パフォーマンスに圧倒されたこともあるけれど・・。

物語りも、前半は深く言葉を理解しようと
気を張りすぎて楽しめなかったのかもと反省。

休憩時間に友人が「ファンタジーだわ」といった感想を聞いて
なるほどそうだなあ、そう楽しめばいいんだと
肩の力が抜けた。

後半はとにかく面白かった。
衣装も装置も。そしてせりふも。
常々、ブランドに群がる(猫も杓子も持ってるヴィトンのマーク!)
消費者を幻想に踊らされて
まんまとブランド戦略にのっかっちゃって、と
ちょっぴり笑っていた私としては痛快だった。

そして妻夫木君!よかったよ。
せりふもちゃんと届いたし(胸に)
若々しい粗野なテムジンの感じが出ていました。

それにしてもこのチケット、
選考発売日に朝から夕方まで電話をかけ続けても
結局つながらず、友人にめぐんで貰って
やっとゲットできたという貴重なチケット。

ちょっとでも意識が飛んでしまったことが
痛恨の極みだわ。反省


にほんブログ村 演劇ブログ 演劇(観劇)へ
スポンサーサイト












管理者にだけ表示を許可する


トラックバックURL:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。